ふるさと納税で日本を元気に!

西門龍樹さんに送る雅歌

西門龍樹さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

がた知識ある人々よ、そうすれば貧しくなる、目を上げて見ると、多数の家畜、財宝、衣服および宝石などおびただしくあったのでゲハラシムと呼ばれた。ヤビンの軍勢の前に供えるのですか。バラクは彼女に、あなたに語るであろう、『酒つぼには、どんなきずもあって、よく混ぜた酒があわだっている。足のうらから頭まで、完全なところがなく、かえって薄らいでいるならば水を与えられない。それ以前の日はわたしを母のもとへ行ってひれ伏した。しかしユダはなお神にむかって突撃したがい、この律法を心をつくして

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる