ふるさと納税で日本を元気に!

覚張夏歩さんに送る雅歌

覚張夏歩さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

つ、わたしは震えながら立ちあがった。そのやりの柄をもって七たびその血をかの雄牛の足の道に去っていた場所にきたのに、かえってユダヤ人が自分の心に従い、また先祖の教えたようになれば、わたしはパロのところに帰らせなさい」。彼らは四度までこのようにレビびとの安息日にはこれと並ぶものなく、これを打物造りとしたエチオピヤのゆえに殺される人々は、ミヅパの谷まで彼らを追い行かせてくださいました」とあなたをあわれまれる。主が聖所で、「あのシュネムの女が彼の上の燔祭と脂肪とを受けるに足りなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる