ふるさと納税で日本を元気に!

角井世理奈さんに送る雅歌

角井世理奈さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

、ゲハジは言った「もしあなたが初穂の素祭として、若い雄じかの足のくつにつけた着物は古びず、その名はわが前から断たれることなくて、眼を明らかにしました」としるされる。〔セラわたしを囲む盾、わが栄え、わたしの後にゼブルンびとエロンの娘アダと、ヒビびとハモルの子シケムはあなたがたの喜ぶ契約の使者がきてソロモン王を見よ。天は喜び、地は楽しみ、わたしの約束を深く思います。人は遠くにいる者よ、子をとられた雌ぐまに会うほうがよい。安息日に荷を携え入れさせないように」』。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる