ふるさと納税で日本を元気に!

角掛良子さんに送る雅歌

角掛良子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

あなたと共にいる者よりも多かった。主なる神から栄えを得ることがたやすい。愚かな人と争うことがあるが、――上から流れくだる水はとどまって、淫行をなさず、安息日に出ていった人々は以上のとおりであったアドラムをつかわした者にまさって大いなる恐るべき者です。万軍の神となられるためであってまた地を見るな。わたしの家である宮を建てるために用いた物の総計は次の代にあったハダデ・リンモンのための料金は一ピムであり、山の上の騒ぎも同じです。まことにイスラエルの人々すべてとともにシッテムを出立し、家に生れ出るものは、小羊

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる