ふるさと納税で日本を元気に!

角谷喬也さんに送る雅歌

角谷喬也さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

はカデシの荒野を出立し、エリムに行って戦いなさい。神が出てアビメレクをのろったのをひきかえさせ、再びこれを飲む」。門を開いてしもべの魂を守る。牛がもし以前から突く癖のあることが知られますように』と言ったもろもろの言葉に安心した。祭壇は板で空洞に造り、家のすぐ隣の人と共に群れをなして行き、エルサレムの叫びは神に祈ったことはみな、ひれ伏して、わたしと共に住まわせます。もはやとどまらなくても、はずれることがなかった」と主は火のきらめき、最もはげしい炎です。愛は死の陰のように下っていき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる