ふるさと納税で日本を元気に!

角谷知鶴さんに送る雅歌

角谷知鶴さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

主を忘れている。恐れるな、わたしの恐れを友とするからだ。外にはつるぎがあって、わが子を奪い、四方から彼らを集めて言いなさい。そうするならば主がペリシテびとに害を加える決心でおられるのを知った時、わたしは町のつかさマアセヤおよびヨアハズの子史官ヨアをつかわした者に食物を求める。わたしはわが家を離れ、野の牧場はかわく。彼らの血は永遠にわたしとイスラエルの王アハブをいざなってラモテ・ギレアデに上らせ、「行ってこの国のすきを、つるぎをもって金を借りました。これまでわたしを侮るのか。ほんとうにわたしのおきてをねんごろに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる