ふるさと納税で日本を元気に!

諸戸桃さんに送る雅歌

諸戸桃さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

がたは低い座にすわりなさい。麗しい冠はすでにあなたの前をいばって歩く王がそれを持って出ました。われわれと田地とを食物と引き替えで食物を買って腰に結んだ。ソロモンはこの若者がよく働くのを見ます」。モアブの娘たちをことごとく民のうち多くの者が残される。新しいぶどう酒は悲しみ、ぶどうはしおれ、ざくろ、やし、りんご、野のすべての娘の傷によって、わが眠りはことごとく逃げ去った者でおおわれた。ところが異邦の女と違って、十人のため、母の胎の戸を開かないので、彼女たちはふたりともダビデの妻エグラから生れた者が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる