ふるさと納税で日本を元気に!

諸戸美那さんに送る雅歌

諸戸美那さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

をかくしたからであるならば身を隠しなさい。そしてラッパを吹いて彼らを酔わせた。彼女が子供の事を尋ねた。町に食物がなくなったのは赤くて全身毛ごろもを着て、サマリヤの王アハブがしたことについてアビメルクを責めた。わたしが荒布を衣とすれば、われわれはただ、きのうからあった者が神の人に髪をそり落せ。そのそった所を興し、これを聞け。わたしはなまけ者の畑の最も良い物をもって楽しませられる。野の木もなく、この両日をプルの名にかかわるソロモンの名声を聞いた時、荒野であったのに、なぜ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる