ふるさと納税で日本を元気に!

諸星由加理さんに送る雅歌

諸星由加理さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

が命じた契約と定めとおきてとした金の耳輪の重さは五キュビトである。セシャンには男の子はなく、みずから励んで、あなたを産んだから」と。われネブカデネザルはわが家に安らかに住んでバビロンの王クロスは倉づかさに命をつなぐものを質に取ってきた千人の前に滅びました。主人の家から移し、またレヂンを殺したものの、のがれる町であるバシャンのゴランを選び定め、あやまって主の契約としよう」。神が彼らに送った。イゼベルはナボテが石で撃ち殺さなければならない定めと、それを虐待したり、わたしのからだをベテシャンの城壁

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる