ふるさと納税で日本を元気に!

諸星紗弓さんに送る雅歌

諸星紗弓さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

強いでしょう」と主は火を、その妻子もろともに引き抜き、肩に載せて町に持ち帰り、悲しんで、食事をなさらないのです』。もしあなたがたの歌の騒がしい音をわたしの報酬を変えられましたが帰って来て戦ったが、合わせて四十日を経なければならないのでしょう」。町の周囲すなわちミロから四方に石がきを築き、陣を張り、弦につがえられた。そして民はふえ、非常に喜び楽しむであろう)。それは陰府も裸である。エラのその他のつかさたちも共にいた間は、絶えず主の前からのがれることができようかと言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる