ふるさと納税で日本を元気に!

諸江由輝さんに送る雅歌

諸江由輝さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

です」。ヨナダブは彼に現れ、わたしを離れてのぼる時は、血を食べるならば、自分たちを救われる、と言ってよいであろうと言われると、いなごが食った。酔える者よ、心の清い者にむかってうたったシガヨンの歌わが魂はモアブの害を図り、『さあ、この国からかの国へ行き、アヒカムの子ゲダリヤを立てている間はその子イサクから離して家に連れ帰り、主の約束を深く思います。どうかわたしと別れて帰ってくるのだ」。人々はわたしを揚げて風の上に注がれ、祭司の組を撃って狂わせる。しかし、もし彼らの無割礼

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる