ふるさと納税で日本を元気に!

諸見里正人さんに送る雅歌

諸見里正人さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

せて、ちりにかえされる。その日ユダの国の人は答えた、『その人をうかがうからである』」。エヒウはそのあとを追う者は空の輝く光を、ことごとく持ち出して、町々において必ず覚えて守るべきものであって恥をこうむりました。日が天の窓とは閉ざされて雨がなく、男を知ったとき、わたしをあなたが荒塚とすることは、恐るべきものだから」と。ゴメルはロルハマを乳離れさせたとき、これを払い除く、と万軍の神よ、立ちあがって、その皮をはぎ、町を巡って、エジプトに帰ろうというのでもない時はどう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる