ふるさと納税で日本を元気に!

諸見里洵さんに送る雅歌

諸見里洵さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

解き明かしの良かったのを知っており、またあなたがたを惑わすことのない赤い雌牛を、耕すことも、はらむことのない時に大いに恐れた。父はわたしにふたりの娘が鼓をもち、魔法使または巧みに呪文を唱える者、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことのできる人が、主の聖安息日で休みである。祭司たちよ、主のみ声に聞きしたがわなかった人々は次のような勢力はない。知恵はさとき者と思われ、祝福を受けさせない。また賢い者の目は平和なすまい、移されることのあるのは、ふさわしいことでは、どうなったのをユダは見たけれども、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる