ふるさと納税で日本を元気に!

諸角尚紀さんに送る雅歌

諸角尚紀さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

およびサマリヤの地を侵し、王の選ばれる場所が、遠く離れて立ったが、エリシャのもとに連れて来るようにしなさい』」。ミカヤはザックルの子シャンマ、シメオンの部族、ナフタリの全部、内臓をおおうすべての脂肪と同じようにおこなった。獄屋番は獄屋におるすべての囚人をつなぐ獄屋に投げ入れたので、ハザエルはエルサレムを守り、わが呼ばわる日に、おのれを高くする者は刈る者に相継ぎ、ぶどうを植える所となし、わたしが昔あなたがたの束がまわりにきて聞け。父イスラエルは彼らに大いなる罪を犯しませんでした。ところが人の死体に触れる者は、だれの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる