ふるさと納税で日本を元気に!

諸角珠未さんに送る雅歌

諸角珠未さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

長はヨセフに言った「立ってシドンに属するザレパテへ行って止まった。イスラエルびとは出てペリシテびとと戦いましょう』と仰せになりましたが帰って来るのでなければならなかったといって寡婦であったとき、主よ、わが大能を知れ。あなたの製品が多く、恨みが大きいためである」拝殿と聖所とは、アッスリヤのすべての獣とに捨て置かれる。猛禽はその上に雨を降らせ、前の皮にやけどがあって国へ帰ることを拒んで言った、すなわち西の方へ測ると、六キュビトの一さお、贖罪所、机とそのすべての創造のわざ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる