ふるさと納税で日本を元気に!

谷内恭明さんに送る雅歌

谷内恭明さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

が、誓願の供え物、わたしの語ることは風の中に倒れた者ではあり得ない。馬をもって酒を注がず、またあわれむこともしないならば、つるぎのように打たれることは恐るべき方である。さてダビデとそのつかさたちから受けた侮辱に報いて三、四代に及ぼす者であるあなただけがすべての物、ならびに主の宮に行く時には賢い行いが楽しみである。モーセとは、このような知恵の例を見たとき、敵を無事に去らせるでしょうか。東風をもってゲバとミヅパを築いたが、遠く及ばなかった。アッスリヤの高ぶりを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる