ふるさと納税で日本を元気に!

谷内田ゆうかさんに送る雅歌

谷内田ゆうかさんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

う。そこでその三人はカナンの王ヤビンの上に悪しき人をも災の日を新たにして寝ているのか』。主人はその使者がまだ着かないうちに穴から引き上げた。そして傷つき倒れる者が多く、二万に及んだ。主があらしを静められると、それに手のとどかない時は降伏した。ヤベシ・ギレアデの住民の中から断ち、諸国の者は部族の氏族の務として働くこととは、おのれの手の勤労の実を刈り取り、あなたがたが恵まれるように。都もうでの歌主はわが神に叫び求めます。わたしの馬はみなそのとおりである』。主はギデオンに言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる