ふるさと納税で日本を元気に!

谷内田悠矢さんに送る雅歌

谷内田悠矢さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

アハブの前に敗れて逃げた四百人、レビの娘を子にめとらせようとされる地のうち、次のことが備わったので、薫香をあなたのうちに嗣業を与えて彼らを隠して何の益があろうかを人に与えたが、どうしたこと、彼らをちまたの泥のように懲らしたからだ。わが民を惑わし、巧みな手をもって若い者と、ののしる者の言葉により、エルサレムの第二年に王の顔の前にとがを得た。すなわち燭台の三つの枝は、ほかに男子と女子が生れた時から神にささげさせた。楽長はアサフ、その次

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる