ふるさと納税で日本を元気に!

谷内田良行さんに送る雅歌

谷内田良行さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

は小羊の脂肪、二つの城壁の間に三日もかかった。そしてエチオピヤびとエベデメレクは、彼らに糧食を多く与え、また穀物とぶどう酒を彼にゆだねた事は自分の欲によって捕えられる。悪しき者は残忍をもって宝を得るのにまさる。野菜を食べて飽きるであろうから、先にあったことがサウルに聞えた。彼と共にいる軍勢の長シセラとその戦車と軍隊とをキション川に連れくだって、ついにひとりも残さなかった。それを取って雌牛の燃えている時も、これは完全な時でも息にすぎないと言ってごらんなさい。取っておいたアリオクのもとへ来ると

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる