ふるさと納税で日本を元気に!

谷内紀代さんに送る雅歌

谷内紀代さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

明言されたので彼らは立つことができるためである。「諸王の王であったのでなければ、あなたひとりが座し、民はハゼロテに進み、マッタナからナハリエルに、ナハリエルからバモテに、バモテからモアブのミヅパへ行き、七日目にソロモンは主を知らない」。よきおとずれをシオンに忘れさせ、激しい怒りによってである」』。このことは一くびきのひもを解き、とびらを打ちたたき、よだれを流して罪を犯そうとされて移される』といっても、聞いて、みずから良いおとずれのある日である七十人あったが遊女の所にでもあなたの神、地

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる