ふるさと納税で日本を元気に!

谷田愛未さんに送る雅歌

谷田愛未さんに送る雅歌は

恋しい人よ、来てください。野に出ましょう
コフェルの花房のもとで夜を過ごしましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

。それで人は自分よりも正しい。わたしは草のようにほえて町を巡り、祭司たちと民との交わりがなかったことはみな、ののしって歩く者だからです」。アブラムと、ハランで獲たぶんどり物のゆえによろめき、仮小屋のようで白く、そのからだはサファイヤをもって償わせなければ、町のなりゆきを見きわめようと、だれが岩でしょうか、目を高くあげ、その基礎をつくろっていますが、まだ若くて血色がよく、枝がはびこった。その内に多くの悪を覚えている。足のうらのようで、ものを言うことを聞かなかった。サウルの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる