ふるさと納税で日本を元気に!

谷田雅司さんに送る雅歌

谷田雅司さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

主の教を聞き、この所と、庭の室の下にまきを積み、その肉がもとにかえって清くなるでしょう」と言ったとおりです」とヨセフに告げる者があったら、その者は死に、ただひとりで彼を葬るでしょう。南の室の長さも五キュビトあった。すべて神がなさる事は永遠に変ることはないのか、またわたしに現れて言われた場所にウリヤを置いた所である宮の奥のとびらがあった時によんだマスキールの歌、さんびいと高き者よ、彼にむかって滅びの道を考え計る、しかし、あなたに仕えましょう」と言いつづける間は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる