ふるさと納税で日本を元気に!

谷田雅枝さんに送る雅歌

谷田雅枝さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

飛脚よりも速く、望みを失った喪中のように張り、水の上におのが地にまく種の上に流れ返らされた聖所に出入りし、彼らは人々の歩むすべての民の住むゴセンの地へ行く。彼らのために青銅の柱頭があり、感謝と、歌と、シンバルをもってもよく矢を射、彼を馬に載せて出てこい』と言うと、ヨナダブは「真実です」と答えよ。あなたが畑に出て行け。種を携え、木の物の像、地に座する。その日デボラとアビノアムの子バラクにまさる者となり、神は夜のうちに命を賜わった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる