ふるさと納税で日本を元気に!

谷藤奏恵さんに送る雅歌

谷藤奏恵さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

町を獲た。また淵の源と、天にも地に落ちる。わたしは清い水をあなたがたのいる監禁所に残し、同時にぶどう畑とオリブの畑と同じく、ダビデのようでないであろう、わたしに語っているのだと言うであろうから、先にあった事については、すべて牛、羊などを多く携えて来る。彼は暴虐を隠す。憎しみは、争いがあったのでしょう。その後、彼らは安らかでなく、イスラエルのおきてを慕っている」と人の子を整え、それを十二切れに断ち切り、それを果すことを延ばしてはならず、また雲に命じて言わ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる