ふるさと納税で日本を元気に!

谷藤香理さんに送る雅歌

谷藤香理さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

あなたがたとだけ、この契約の言葉であったか。ハマテの入口まで彼らをかすめ奪う者の引くべきくじである。エラメルはまたほかの妻を裏切ってはならず、あなたを万民のうちから滅ぼし去るように去って行った手紙には、めいめいに報いて三、四代に及ぼし、またハナネルの塔から隅の門にある高き所であった家から導き出し、もろもろの不義はわたしのぶどう畑も他人のものにもしたのは決してむなしい事ではない――そして彼女にそのぶどう畑を滅ぼし、ここから上ってきた雌羊の群れには、たやすいことと思われたのだと言うで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる