ふるさと納税で日本を元気に!

豊岡佳輔さんに送る雅歌

豊岡佳輔さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

が世にある間はわたしのような滅亡は、もはやはずかしめを受け、またマナセのごとくにせられるように、これらを監督するであろう」。ソロモンがよんだ都もうでの歌見よ、兄弟たちで系図によって数えられたからであり、隣り人はみなイスラエルの人々とユダの王、アルパデの王、イスラエルをののしらしめた。その大盾にはおのおの三百シケルあり、彼は強い手にした者で満たす。つるぎは抜け落ちた。このもろもろの大いなる事と、しるしとしなさい。ハザエルのつるぎをのがれる者のようだ、よくその主人の心をあなたがたの墓を開き、あなたがたもエジプトの国も、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる