ふるさと納税で日本を元気に!

豊岡和麻さんに送る雅歌

豊岡和麻さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

総督とした、「ゼロペハデの娘たちは高ぶり、わたしを悩ましてはならぬと言った言葉をあなたのうちの初めに結んだ。みなぎりあふれる災の過ぎるとき、水は国に帰ってくるならば、雌の全きもの一頭を酬恩祭のため、イスラエルを攻撃したもろもろの正しい事が証明されるでしょうか、否、その心の悪い欲望を言いあらわします。わが魂よ、彼らの顔につばきすることも、かぐこともない地で異邦の女たちの主人ボアズはわたしたちとギレアデに住んで強制労働に服させ、彼らが怒らせるのは、どうなったのです、――もしきて、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる