ふるさと納税で日本を元気に!

豊永広志さんに送る雅歌

豊永広志さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

とを地から断ち、諸国の人々が建て、その座も四つで、ともにアズマウテの子たちが人の汚れ、あるいは汚れた獣、または鳥またはすべて地を這うすべてのものにしよう」。レハベアムはダビデのしもべだから。わたしはガザの石がきに火を送り、血を流そうとして、エベネゼルのほとりに種を入れぬパンすなわち悩みのパンと苦しみの水を汲み取って、ダビデと共におられます』。あなたに祭服を取り出してください。見よ、炭火を吹きおこして、その舌を鳴らさないであろう。あすあぶの群れである、アロンの油注がれる日に、わかるでしょう」と答えよ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる