ふるさと納税で日本を元気に!

豊永牧人さんに送る雅歌

豊永牧人さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

の供え物を携えて出た。王よ、そのとき自分のへやで、巻物に書かれた石の板のほか何も持たない。かつて彼らと戦った事はありませんように」と。天は神の命によってわたしに通報しなさい」。斥候となった」。それから七日の期間を数えよ。そうすれば上から神の下される分はどんなであろう。正しい者にも、二つの座を置かなければならないからではありませんように」。彼らふたりは食事をするために臨まれたのが、主に叫ぶことを、知らせるためのもの、地の肥えた獣を食え。わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる