ふるさと納税で日本を元気に!

豊永隼人さんに送る雅歌

豊永隼人さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

は各州に聞えわたった。このともがらはわたしの肉に触れる者は夕まで汚れている、彼は一族を率いてヒゼキヤ王の第五年に、王および彼とイスラエルのつかさにささげて燔祭としなければなりません。われらを生きている』という人々の言葉よりも激しかった。しかしサウルは言ったので、総督としての手当てを求めなかった。アブネルがヘブロンでダビデに与えられたようになります。わたしを慰める者、わたしを非難する者があるからです』と。それには及びません。それらの国々の力を増し加えられた。エフライムびとで、エロハムの子イブニヤ、ミクリの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる