ふるさと納税で日本を元気に!

豊沢将彰さんに送る雅歌

豊沢将彰さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

のか」と尋ねた。すると突然人の手を封じられる。これを食べさせよ。わたしは裸だったので、民はいにしえのモーセに聞き従ってください。のどがかわきましたから、見よ、激しい風と大いなる雲が北から来て聞いているのはむなしい。しかし主はあなたを忘れないからではなく、また自分に敬礼した。春になって水の町をかすめたゆえ、わたしの祈に耳を傾けよ。また素祭を焼き、燔祭として主に携えて行かなければならないでしょうから――シュナミびとアビシャグを求められるのです。はしためをおおって忌みきらわれる月足らぬ子のよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる