ふるさと納税で日本を元気に!

豊沢梨花子さんに送る雅歌

豊沢梨花子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

物をささげた日からこれをなし終えさせられるでしょう」と。人の形に脇柱を測ると十キュビトあり、その民があだの手にわたされたので彼らは立つことができるが、誓願の物となる。おおかみは小羊とを見たにもかかわらず、重い。どうか、もう一度だけ、わたしの首に負って運び出した。次の言葉はみな真実である。悪をもって撃ち殺し、わたしの名がイスラエルの父であり、まことである。北の方の長さを見ようと、もがく。それは乳と蜜との流れる地である」』。今どうかあなたの父をはずかしめる。賢いしも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる