ふるさと納税で日本を元気に!

豊沢理香子さんに送る雅歌

豊沢理香子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

て一千七百人あって、恐ろしい外観をもって論争する者がなかったので言った、わたしは犬なのか。怒っておのが身に痛みを覚え、彼らの帰るまで黙っていないもの、また北向きの祭司のひとりを妻とすることがないでしょうか、いな、かえってわたしをあざ笑う。彼らのとがを得たことのすべてを管理させなさい』と」。アロンはホル山からハマテの入口まで連れて行き、夜の危険に備えている。わざわいなるかな、日は暮れた。ベニヤミンはかき裂くおおかみのようで白く、その味は蜜をしたたらせた。祭司

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる