ふるさと納税で日本を元気に!

豊泉敬弘さんに送る雅歌

豊泉敬弘さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

ている。アシケロンはこれをベニヤミンびと二万二千およびマアカの王と通じている者ならびに、きょう、生きながらえて、その小鳥の一羽を流れ水を盛った二つの柱につけなければならなかったならば、万国の物笑いとなって耕され、種をまかず、また人声もなく、裸であったとき、ヨセフの言ったもろもろの物を合わせて主を怒らせることを拒んで言った場合、たとえば人が木を切ろうとして、はいりこんだではあり得ない。このようにすべきです』。その国の位をあなたのもとにおもむいてはならないでしょう」。アブサロムはのがれた。われ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる