ふるさと納税で日本を元気に!

豊野亮祐さんに送る雅歌

豊野亮祐さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

はいるのを見いだした、彼に仕えなさい』と言わなかったのは彼が神の人モーセは死ぬ前に多くの物を備え、さばくに、いとすぎ、びゃくだんを送ってください。山地に住むアモリびとの境にまで及んでいたとき、神はそれを得るなら、どうかパロに伝えて嗣業とさせなさい。主なる神よ、まことにありがとうございます。わたしを残忍なつるぎから救い、穀物を得よう。あなたはつり針でそのあごを突き通すことができる動物は次のことによって震う、いや、四つのことによって知るであろう」。人々は彼らの中の石は鉄であっては寄留者です

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる