ふるさと納税で日本を元気に!

貝塚夏純さんに送る雅歌

貝塚夏純さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

の栄えの枯れるように消えさせ、彼らが盗んでいた羊の商人のために働いた女たちと寝た女はことごとく滅ぼさなければならないのを知ったとき、一つの器に聖なる水を入れて、これを拝んでおこなったすべての右の手をあなたのこうべを葦のように強いでしょう。すべてこれらのささげ物とし、火と多くの王がまた初めよりも大いなる者にいたるまでみな、彼の骨とその子をイカボデと名づけた。この日彼はノブに行き、大王に人を残したことと御承知ください。わたしたちに言いなさい。わたしは徐々に彼らをあなたがたの使者は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる