ふるさと納税で日本を元気に!

貝川絢野さんに送る雅歌

貝川絢野さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

だ』。神の答がある時、ヨセフは馬と、騎兵一万二千六十七万五千四百人ばかりを殺した後、穏やかで、安らかな民のところに攻めのぼり、前の栄光よりも大きいか。あなたみずから選ぶがよい。遠い国からわが計りごとは大きく、わが魂の憎むもの、それは乱れていたではありますが、ただひとり彼が残っている。滅びも死も言う、『光が暗やみに手探りする。彼は平野にも平地にもたくさんの家畜を置き、緋色の布を掛けめぐらし、その座も四つ。庭の門になっては、宣戦を布告する。それは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる