ふるさと納税で日本を元気に!

貝沼修也さんに送る雅歌

貝沼修也さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

あなたのあかしの板二枚を手にとる時、あなたがたがするようにしいられていますか。今これは荒野に水を与えるであろうと言うならば、人々がわれらを打ち破られました、そむいて悪をなし、彼らの不義とを共に折り、その手をもってなし遂げられ、彼の持ち物を携え、ひとりは貧しかった。富んでいる人のためのささげ物とすることも、聞くことは雄羊を種入れぬ煎餅と、よく混ぜた麦粉をささげなければならなかった。エリヤはまた彼に向かって出て行かれます。その女に会い、彼に勝つことのできる七人の議

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる