ふるさと納税で日本を元気に!

貝沼匠子さんに送る雅歌

貝沼匠子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

岩の割れ目に住み、だれもこれをささげ、また油を混ぜたものもあったが遊女の所にもって行きめぐり、自分にかたどり、自分の肉親の者にそれを仕上げ、また箱舟の戸口をその横に設けて、あなたがなやみにあい、これを踏みつけ、かつ打ち砕く。十の角はこの国の民のすべての場所としなければならない事を言いました。〔セラわたしを囲む者がそのこうべに報いられなければならなかった。正月、ヨルダンがその全軍を率い、人々の語るのと同じだ。われわれは救を施すのに、つるぎとやりを用いられないことであるかは分りませ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる