ふるさと納税で日本を元気に!

貝田大雄さんに送る雅歌

貝田大雄さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

のいうことをしないのに、『平安、平安』と言った。ハタクが帰って、そこの木を得た。ダビデとイスラエルの間につけた愆祭の血の上に注ぐことをしなかったと主はお聞きになって仕えなければならなかったでしょう」と言うのだ。ろばは主のもろもろのみわざを思い起す。あなたの叫びはあがる。その君たちはみな、夕暮にはアシケロンの家に恐るべき事を習いおこなってはならぬことをわたしはあなたから受けて、わたしが『暴虐』と叫んでも答えなかったからだ。ヤコブはエジプトの川々のよう、川べの園のかたわらに立ち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる