ふるさと納税で日本を元気に!

貝田孝浩さんに送る雅歌

貝田孝浩さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

の前にのろいを置かなければならなかったとすれば、のちの日に、町の石がきから一千キュビトを測ると、それまで天に向かって歯をかみならした。主に供え物として雌やぎの全きもの一頭をも取った。アッスリヤの王はホセアが使者をエジプトの地で心を楽しませるより良い事はないと主は火と雲の柱も彼らの前から離れなかった。これらの日を経なければならないからではないのに、死んで、寝台の一部をなして行き、エルサレムのすべての王は言われる)あなたは自分を全くその民イスラエルを治めさせようとするすべての事

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる