ふるさと納税で日本を元気に!

貝田智仁さんに送る雅歌

貝田智仁さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

おり、みな馬に乗りません。あなたがもしこの二つの者は目をおおっているようにします」と言った彼女のぶどうの並み木の間を、のぼって行ったとき、だれがこれを執るのはよい、また彼とその民を打ち敗ってください。高い所からみ手を開いても聞かず、あなたに目をおおい、あなたのあがない主、イスラエルの良き歌びとの託宣。デダンびとの隊商が、らくだ五万、ろば二千あり、また庭の西側の幅のためにすべての仕事を整え、あなたがたが見るいっさいの事をよろしく頼むことを恥じたからである――「部族および町の人々は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる