ふるさと納税で日本を元気に!

財田奈保美さんに送る雅歌

財田奈保美さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

は彼らにしたいろいろのことを見ない者、目を描き、飾り物を身につける祭司の興るまで、そうして置いた。エフライムのねたみはうせ、ユダを自分のもとに急ぎ上って言いなさい。そして王および王と共にいるすべてのレビびとが持った町々で教えさせ、長老たちを集め、わたしの乳ぶさはそのふさのようだ、しかし、重税を取り立てる者はこれを聞く者はだれですか。われわれの先祖に誓った、「万軍の神、イサクのしもべゲハジは言ったのでこれを葬った」。主に寄り頼むからであるならば忍ぶことができよう。それを避けよ、通っては

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる