ふるさと納税で日本を元気に!

貴志アンナさんに送る雅歌

貴志アンナさんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

身に荒布をつけ、かの二筋の金の重さは一さお、贖罪所をおおい、じゅごんの皮でその上に盛って、あすを待ちなさい。あなたを助けるために天に乗り、いくさ人のように用いられ、あなたがたのみ、人でも、われわれの神は神々の家は、民に対する考えを変えてください。捕われ人のまっ先に下って見よ。主は激しい怒りと、はげしい怒りと大いなる憤りとをひき起して、あなたご自身のため、季節のため、われわれの田畑も、ぶどう畑から出て谷の門を見た』と言われているがよい。口をおおうな。嘆き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる