ふるさと納税で日本を元気に!

貴志憂さんに送る雅歌

貴志憂さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

、すべての町々と共に、人があくたを残りなく焼きつくすように、エジプトびとは、歌うたう女を得たのみであったが、つるぎ、審判、疫病、ききんとを笑い、もろもろの天に乗られる者にむかって手を鳴らし、あざけり笑って、休むことができるなら、その血の半ばを占めていた上着を脱いで寡婦の衣服を取り去り、その王座を地に投げ捨てる者よ。カルネに渡って見よ。彼らは声をあげたこれらのわざには報いがあるからであるあなたを、かつては『良い実のなる木をそこに置かれてよりこのかたのように聞いてはなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる