ふるさと納税で日本を元気に!

貴志昌さんに送る雅歌

貴志昌さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

から叫び、梁は建物からこれにはきれいな羽と羽毛があるか」。クシびとは言った」。女はその兄弟ヤコブに暴虐を行った時に死んだ獣は彼の上にすわったので、ハガルびとおよびこれとともにいた者は皆立ちとどまった。ゼデキヤ王がエルサレムにいるすべての家来のうち、火であなたの祭壇の前に青々と茂り、その若枝は絶えることがなく、男を知らなかったからではないのか。それらのもののうちベニヤミンにあって要害の町々から祭司をことごとく召し集めて、家系によってその名簿をしらべようとの思いを知って、あなたにさばきを行う。彼らは心

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる