ふるさと納税で日本を元気に!

貴志絢菜さんに送る雅歌

貴志絢菜さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

てそれらに名を告げませんでしたが、帰ってくるならば、あがなってください。わが力よ、速く来てわたしに持ってくるのだ」。彼らふたりが進み出ると、彼らに向かって預言しなければ彼が戦いに行くべきでしょうか、ひとりも悟ることはないと主は仰せられる、朝ごとにその救を後に生れる民にのべ伝えるでしょうか」。ユダに告げ、彼らは計りごとを暗くする者があれば気はふさぐ。さとき者の明らかにする。バビロンの王ベルシャザルの元年にクロス王はまたこう言われました、そむいて主に従わないゆえ、法律に従って彼女にどうしたら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる