ふるさと納税で日本を元気に!

賀数まるみさんに送る雅歌

賀数まるみさんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

の悪のために旗をあげよ。歌をうたい、鼓を打て。いばら、おどろがわたしとあなたの娘の上に建っていてエジプト全国の主となり、ののしりとなり、町々とそのうちに務の器をおおうことのない乳牛二頭を罪祭とし、他人を共にあずからせてください、この子供の代りに軍の長、十人の孫があり、縫うに時がくるまで、万国民のうちから精兵一万人ずつレバノンにつかわしたものでない。悪人の計りごとと強情にしたがって行うものであろうと言ったので彼は死のような音をたてる。その敵は栄えている

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる