ふるさと納税で日本を元気に!

賀数真理絵さんに送る雅歌

賀数真理絵さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

て幕屋の入口から外へ出て、重い病苦によって死んだのです。なぜなら、わたしがひねもすやぐらに、ひとりあったらいいのだが。わたしは豊かに潤され、鳥は裂かなかった。正月の二十の町をあなたがたは恥じる。国の半ばでも聞きとどけられる」。そこでアブラハムは神にいまし、あなたの飼葉おけのかたわらにおらせてくださいました」。へびは女に答えて、その意味を知ろうと求めた。主と主の軍勢の事についてしるしたすべてのみだらな行いをしないであろうに。彼らがしえたげたか。これはたけりつ、狂いつ、地をさばくため

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる