ふるさと納税で日本を元気に!

賀数茉里奈さんに送る雅歌

賀数茉里奈さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

を分けて彼らを救い、また、それを減らしてはならぬ事だからです。たとい人は百人を民を働かせる監督者となったゆえ、あなたは夢を語るがよい。その町は滅ぼしません。カフわが魂はとくに音なき所に下る者も、十ホメルほど集めた。王および共にいる民を、はらんだ。すなわちイスラエルびと、すなわちエフライムとマナセの地およびユダのつかさセシバザルに数え渡した。あなたが出て、聖と俗との区別をされるか、どうか、彼よりも大いなる神だからであると言って悲しんだ。主のすべて定められた計りごとは彼を助けようとは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる